アイモカワラズ

面白いと思ったテレビとラジオについてひたすら書いていくブログ

『東京タラレバ娘』

見るつもりはなかったが見ている(現在進行形)。本当に見るつもりはなかった。しかし見ている、さらにたった今、毎週録画リストへ入れたことも白状する。

原作を読んでいないのとドラマの頭15分を見ていないので詳しいことは分からないのだが設定が30代の独身女の話らしい。なるほど…。何を隠そう私は今、28歳だ。もういい年だ。いい年すぎる。特別、結婚したいわけではないが結婚したくないわけでもない。そして28歳だ。何度でも言う、28歳だ。主演の吉高由里子さんと大島優子さんと同い年の28歳だ。28歳。(分かっていたが)28歳ももう女の子じゃない…!分かっちゃいるけどよーーーーーーーーー!!!!!!!

リアルタイムで鑑賞中だが今、吉高由里子さん演じる倫子がフラれた。ちょっといいなって思ってた、過去に自分に好意を持ってた男に若い彼女ができてフラれた。なんだこれ辛い、辛すぎるぞ…。立ち尽くす倫子。そうよな、どう復帰すればいいかも分からないんだよな。分かる、分かるよ、倫子…。(いや、多分何も分かっていないんだけど)

このドラマ、すごいなって思うのが私世代のあるあるがちょくちょくある。女友達との飲み会で『トイレ行ってくる〜〜』『行ってら〜〜』。迫り来る1人東京オリンピックへの恐怖。昔の彼氏との結婚して"タラ"を想像して少し切なくなるなどなど。

原作を全く知らないのでこれからどうなるかも分からないがこれは同世代の私みたいな独身女の身につまされるいいドラマだな、という感想。来週も心して見ます。