アイモカワラズ

面白いと思ったテレビとラジオについてひたすら書いていくブログ

9/24『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第24弾』

書きたい番組は山ほどあったが正直それどころじゃない9月下旬から10月の始まりだった。思いっきり私ごとだが6年働いた部署から異動になったのだ。まさしく青天の霹靂だった。なんともアホな考えだが『これからもずっと異動はないし、今の場所でこの気の合うみんなと働いてくもんだ』と思っていた。それがドンガラガッシャーンだ。受け入れるまでだいぶ時間がかかったし、正直まだ受け止められていないが新しい部署の皆さんも優しくて本当に良くしてもらっている。ただ、前の部署が恋しくて寂しさで枕を涙で濡らしながらバラエティを見ながら笑う日々だ。矛盾ではない。

と、大分どうでもいい前置きが長くなったが9/24を私は心待ちにしていた。そう、あの最高に面白い番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の放送日だ!異動が発表されてから一刻一刻遅く過ぎればよい、と思っていたがこの日だけは違った。早くバス旅の最新作が見たい。私の心は太川さんと蛭子さんでいっぱいだった。

今回は山口県錦帯橋京都府天橋立までの旅、ヒロインは熊切あさ美さん。今回のバス旅を見て私は熊切さんのイメージがだいぶ変わった。正直、これを見るまでの私の熊切さんのイメージはミヤネ屋で色恋沙汰について話しながら泣いてる姿だったため良いイメージが全くなかったわけだがバス旅の彼女はとても良かった。弱音も吐かないし明るいしヒロインとしてとても良かったので、こんな私が言うのは烏滸がましいのは重々承知だが広域として幸せになってほしい、ファイト!と念を送った。

今回は太川さんと蛭子さんの関係もなかなか良好だったし、そこまでバスがつながらない回でもなかったが相変わらず面白かった。個人的にこの番組の好きなところは2日あければ細かいところを忘れるので何度見ても面白いところのため、今のところ3日置きに見てるが腐ることなくずっと新鮮で面白い。

『そうえば台湾が舞台のMOVIEってレンタル開始したのかな…』と思いTUTAYAディスカスを開いたら新作で出ていた為、即月額リストに入れ尚且つ1位にした。しかし人気作のため借りられなかった。1位にしといて借りられなかったのは今回が初である。バス旅の人気、恐るべしである。