読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイモカワラズ

面白いと思ったテレビとラジオについてひたすら書いていくブログ

8/31『水曜日のダウンタウン』

毎週楽しみで仕方がない番組はいくつかあるが、見てからも録画リストから消せない番組はそうそうない。そう、『水曜日のダウンタウン』は今、自分の中でまさしくそんな番組である。

今日8/31放送分で放送前から私が大爆笑間違いなしと太鼓判を押していたのは『モノマネオレオレ電話第2段』の松野明美さんだ。先週の予告の時点で私の期待値はグングンに跳ね上がっていた。松野明美さんと水曜日のダウンタウンですごく好きなのが『アスリートが仕掛け人のドッキリ、大根すぎて逆に面白いんじゃないか説』である。もう、これは本当にみんなに見て欲しい…例え元気がない時に見てもたちまち万人に笑顔がこぼれるであろう、と信じている。あれはすごかった。まだ見てない人は何かどうにかして絶対に見て欲しいとまで思っている。ひとまず『水曜日のダウンタウン×松野明美』は相性が最高なのだ。

今回は基本的にはモノマネ芸人が仕掛け人となり家族にオレオレ電話をかけるというものだったが、松野明美さんだけは違った。なんと、松野明美さんのもとに未来の松野明美さんから電話がかかってくるのだ。他の人なら信じないだろうが嘘みたいに松野さんは未来の自分からの電話をどんどん信じていくのがもう最高に面白かった!未来の松野さん曰く、松野さんは2029年には総理大臣になっているのだが現在の松野さんはそれすら信じるのだ。さらに未来の松野さん曰く、2029年はロボットと人間の戦争中らしいが勿論これも信じる。もう松野さんは無敵だった。疑うことを知らない。

放送は終わったがなんとなく松野さんは放送を見ていないような気がする、早寝そうだからである(勝手な想像)。あのロケからずっと松野さんは未来の自分からの言葉を信じて過ごしていることを想像して私はまた録画を見返すことにする。